肥満細胞腫」タグアーカイブ

猫の肥満細胞腫4

もりもり食べてぶりぶり出して元気なはまちさんの眼を取るのが最適解なのか迷ってしまい、獣医さんに相談したりネットでたくさん調べました。「猫 肥満細胞腫」で検索して出てくるサイトで見てないのがないくらい。

猫の皮膚型の肥満細胞腫はほとんど良性、いや悪性と意見が別れていて、内臓に転移しなければ経過観察というのもあれば急いで手術すべきという意見もあって余計に迷いました。気休めだけど塗らないよりましとステロイドの眼軟膏を処方してもらい、数ヶ月に一度エコーを取って転移がないか調べてもらっていました。

ここでいったん闘病記は終わりです。今やってる処置の何らかの結果が出たらまた再開します。

Instagram 楽天Room おすすめアイテム

猫の肥満細胞腫3

針生検をしてくれる獣医さんを見つけてやってもらったところ、肥満細胞腫が確定でした。しかしその獣医さんは完治させるには眼ごと取ったほうが良いと・・・。

ネットでははまちのよりも大きい腫瘍がまぶたにできた子が、腫瘍だけ取っているのではまちのもそう対応してもらえると思ってたので、かなりショックでした。

ここから腫瘍だけ取ってくれる獣医さんが見つからないという迷路に迷い込んでしまいます。

※肥満細胞腫は根っこを残すと再発する可能性があり、広範囲に切除することが望ましいのです。眼ごと取るのは再発させないための選択肢です。

Instagram 楽天Room おすすめアイテム

猫の肥満細胞腫2

3ヶ月ほどアトピーの治療で通ったのですが一向に良くなりませんでした。先生は肥満細胞腫だろうと診断したのですが、腫瘍の組織を取って調べるのに、その病院では全身麻酔してまぶたをカットするので、調べるだけで目が半分くらいになると言われました。

肥満細胞腫じゃないかな~と疑ってたので、通院と並行していろいろ調べてたのですが針生検をしてくれる病院もあるようなので、針生検可の病院に変えることにしました。

※針生検やらないからだめという訳ではなく、最初の病院のように組織をちゃんととって調べるのは針生検よりも正確だそうです。はまちさんはその頃腎臓の数値が良くなかったので、全身麻酔を避けるために針生検を選択しました。

Instagram 楽天Room おすすめアイテム

猫の肥満細胞腫1

はまちさんを最初に獣医さんに見せたときに、怖くて興奮してておでこが全体的にピンクになってたので、獣医さんが「これはたぶんアトピーですね」と言われて肥満細胞腫と診断されませんでした。一応おできについてネットで調べていたので「肥満細胞腫じゃないですか?」と聞いたのですが「こんなに全体的にただれない」と言われたのです。

このときは塗り薬くらいで治ると思ってました・・・。もっ食い下がったほうが良かったのかな・・・。と今でも後悔してます。

Instagram 楽天Room おすすめアイテム

サイトリセット

サイト記事全面復旧は難しそうです。幸いInstagramを去年からやってたのでそちらは復活できます。過去記事は書き直したいのもあったので再掲という形で更新していきます。

また、はまちさんが肥満細胞腫がまぶたにできてしまって、手術が難しく最悪眼球ごと摘出しないといけないかもしれません。分子標的薬を今日から投与して腫瘍が小さくなれば眼球摘出が免れるかもしれません。他は元気もりもりなのでそんな子に薬を投与するのが辛いです。
この件もあって精神的にかなりやられてます・・・。

Instagram 楽天Room おすすめアイテム