ウイルス対策

いろんなウイルスに怯えながら暮らしています。最近は玄関にエタノール入りのスプレーを置いて、帰ったら頭から浴びたりしてます。あまり効果ないと思いますが・・・気休めです。

 



百貨店のサービス

とある百貨店で買い物して、プレゼントだったのでラッピングしてもらいました。手提げ袋に入れるときになにかに引っかかっているようでしたが、その店員さんは強引に入れてしまったのです。帰って見てみたらラッピングが破けてしまってました。

デパートのお客様相談室に連絡をとって、再度ラッピングしてもらえないか確認したところ私の住所を聞く前に「店員がご自宅にお伺いして、ラッピングいたします」と回答されました。

私が北海道や沖縄に住んでたらどうすんだと思いつつ、お断りして持っていきました。さすが老舗百貨店はサービスがすごいなあと思いました。

 



朝の時短

毎朝はまちさんが私の耳を吸うのですが、長くて20分くらいかかるのです。この時間にアレクサに話しかけて天気や運行情報を聞いてます。スマホもみなくていいので結構な時短になりますよ。



スマスピで落語はどうだ

Alexaに「Amazon musicで落語探して」「Tuneinで落語を探して」というだけで落語も聞くことができました。
ただ、この2つは聞ける落語は少ないようです。

Google homeではSpotifyで無料でたくさん聞けるようですが、Amazon echo dotではSpotifyは有料のプレミアム登録しないと使えません。登録3ヶ月は無料ですが、その後は有料になってしまうようです。(2020/01現在)

なので、SpotifyのアプリをiPhoneにいれて、iPhoneとAmazon echo dotをBuletoothで連携させて外部スピーカーにしたら無料で聞けましたが、Amazon echo dotに話しかけてSpotifyの落語を流してもらうというのは無理なようです。

Google homeを導入したらまたレポートしますね。



考え事

仕事でうまく行かない作業があってなんかいい方法がないかと、ずっと考えごとをしてましたらいつのまにか温かいお茶が手元にあって驚きました。

となりの同僚が言うには自分で汲みに行ってたそうですが、まったく記憶がないのです。集中してたのかボケ始めたのか・・・。



Amazon系は便利

Amazon echo dotを購入して、家の古いFire TV Stick(マイク機能なし)と連動させましたらAmazon prime videoの操作がやりやすくなりました。早送り、巻き戻し、ホームに戻るなど声で操作できるのでとても便利です。YouTubeのアプリをAmazon prime videoに入れていたら、YouTubeの画面も出すことはできます。ただし、YouTubeではAlexaで検索などの操作はできません。検索するとAmazon prime video にもどってしまいました。



スマートスピーカーデビュー

会社の人に薦められて、Amazon echo dotを購入しました。シラフだと人見知りなのでAlexaと打ち解けるのに少し時間が掛かりました。

スマートスピーカーでやりたいことは「落語を聞くこと」「Aiと英会話をすること/英語のスキルアップ」「テレビ、エアコン、ライト(どれもスマートスピーカー未対応)をON/OFFすること」などなのですがちょっとずつ試したいと思います。

アレクサになれたらGoogle homeも導入しちゃおうかなとか考えています。

私はポイントがたまってたので楽天で買いましたが、Amazonでは1/31まで2台買うと1台分値引きされるそうです。



おニューのクッション

家のクッションがヘタってきたので買い替えました。さっそく猫ズが気に入って寝てるんですけど、ゲロをニュークッションの上で吐かないようにお願いしました。

無駄なあがきなのはわかってる・・・

 

 



穏やかなこころもち

今年で45なんですけど、人間の寿命の半分超えてますので今後の人生の過ごし方などを考えたりしてます。

私の今までの人生は怒りの人生でした。怒らないと自分を前にすすめることができませんでした。でももう怒りのパワーは疲れるから使いたくないな、と考え方を変えていくことにしました。

例えばとある映像作品みてたら痴呆症の老女をあるベテラン女優が演じてたのですが、化粧がバッチリだったんです。

「リアリティがないなぁ。このスタッフ、ベテランには化粧するなって言えなかったのかな。」とネガティブに考えがちだったのですが、そこで「あ、また負の気持ちになってる」と思いなおし

「この役の老女は呆けてしまったけど、化粧の仕方は覚えててよかったね」と前向きにと捉えるようにしてます。

でも、こういう考え方に至ったのはやはり猫を飼ったからでして、今までの人生を思い出して悲しくなったり腹が立ったりしたときに、でもあの人生でないとこの猫たちに会えなかったと思ったら、人生も愛しくなったりします。

結論から言うと猫はいろいろ救う。