月別アーカイブ: 2020年6月

映画:マイ・インターン

マイ・インターン(原題:The Intern)吹替あり

かまいたちの濱家を好きになり、出る番組は録画してみてます。その濱家がとある番組で「好きなドラマや映画は何回も観る」といってその映画のひとつがマイ・インターンだったのでアマプラで観てみました。

定年退職して奥さんにも先立たれたおじさんが、暇と金を持て余していろんな趣味をはじめてはコンプリートしてスーパーダーリン化したものの、また社会に出たくて若者中心の会社のインターンに応募してその会社の創立者の若い女性社長のインターンになる話です。

社長はワンマンなとこがあるけど、会社や従業員を大切におもっていてフルスロットルで仕事に家庭に向き合って頑張っているんです。なので暇を持て余したおじさんなんてと、最初相手にしません。

しかし、彼女が仕事や家庭でつまずいたらおじさんはその姿が自分が歩いてきた道なので仕事人としての彼女や親である彼女の気持ちや、そして連れ添った奥さんともいろいろあったんでしょう、がむしゃらに働くパートナーが居る夫婦の気持ちもわかるんです。そしてさり気なくフォローをして彼女の信頼を得ていきます。

「ハンカチをなんで持ち歩く必要があるのか」という若い同僚の問いには、「泣いてる女性に差し出すため」というかっちょいいこともいっちゃうんです。おしゃれで紳士で男女隔てなく優しくてでも控えめで、そして努力家で愛すべきおじさんなのです。

私もそうでしたが、仕事をしている女性は口を揃えていいそうです。「こんなおじさんは存在しない」と。「こんなおじさんがいてもいいじゃん」という女性の夢を形にした映画だと思います。

実生活で運悪く嫌なおじさんに遭遇したら、この映画をみて心を落ち着けたいと思います。

夫がマツモトクラブに似てる度 ★★★★★
アン・ハサウェイの大きい瞳からは、こぼれ落ちる涙の粒も大きい度 ★★★★★
こんなおじさんはいない度 ★★★★★
そしてこんなおばさんもいない度 ★★★★★
こういうふうに歳を取りたい度 ★★★★★



アンニュイ

仕事に集中してて、ふと気がついたら猫が全然ごはんの催促してこないな。と思ったらその日はめちゃくちゃ気圧が低い日でした。雨の日とかうちの猫アンニュイになるんですけど、他の猫もそうなのかしら。



ストレッチ

けっこう人手が不足してきまして、在宅勤務でも休憩無しでぶっ通しで仕事をする状況に。体がこわばるので寝る前にストレッチをすることにしました。

ストレッチ始める前は寄ってこないのに始めたら「撫でて」って寄ってくるのはなんでだろう。

 



本末が転倒

10000歩歩いたら飲んで良いというのを続けてますが、目的地を考えないといけませんね。上野方面行ったら、なんやかんや食材買いまくって家でパーティーしてしまいましたよ・・・。

多慶屋、吉池、アメ横、誘惑が多すぎるねん。



置き場所

在宅勤務中にPCを壊したら、代替え機を送ってもらえるのですが2~3日かかるそうで、絶対に壊せないのでコーヒーの入ったマグカップの置き場所を床にしました。

はい、猫に蹴られました。こうなると思ってた。私が悪い。



映画:ハッピー・デス・デイ

ハッピー・デス・デイ(原題:Happy Death Day)吹替あり

SAWとかホステルみたいなスプラッタ系の映画は痛そうでほとんど観てられないのですが、このハッピー・デス・デイは痛そうなシーンが上手くフレームアウトされたりして最後まで観られました。

女子大生が、誕生日の夜に変なマスクをかぶった殺人鬼に殺されてしまうのですが、死んだ瞬間誕生日の朝にループしてしまいます。どうやら殺人鬼を見つけないと何度も殺されてしまうようなのです。刺殺、焼殺など殺され方も多彩です。殺人鬼+ループの組み合わせが面白いなと思いました。犯人を見つける際の伏線回収も見事でした。

この作品続編(ハッピー・デス・デイ2U)もあるんです。続編は本格的な謎解き編でホラー要素は薄めでしたが、なるほどねーこういう仕組みだったかと感心しました。併せて観たほうがいいかもしれません。

殺され女子大生けっこう性悪度 ★★★★★
アメリカ映画によくあるイケてるメンバーだけいる女子寮っていったい何なん?度 ★★★★★
そのイケてるメンバーだけで構成された意識高い系クラブもいったい何なん?度 ★★★★★
辛いときって本当の優しさがわかるよね度 ★★★★★



極秘出産はしていません

猫がごはんを求めすぎるので、時間を区切って計画的にごはんをあげていますがあまりにお腹が空くと抗議してきます。

そのときにオンラインミーティングとかしてたら、相手にも聞こえて「えっ赤ちゃんいたっけ?」と驚かれたりします。極秘出産はしていません・・・。猫です・・・。



人々の移動

会社のひとにGoogleの「COVID-19コミュニティモビリティレポート」の存在を教えてもらいました。

Googleマップから取得した匿名のデータを集計し、人々が訪れる場所をいくつかのカテゴリ(小売店と娯楽施設、食料品店と薬局、公園、公共交通機関、職場、住居など)に分類し、人々の地理的な移動状況を時間の経過ともとにグラフにしています。

ニュースとか東京中心になりがちで日本どうなるんだろうと悲壮感がありますが、このレポートで地域別にみると患者の少ない地域ではけっこう公園とか行けてるんだなーいいなーとか、寒い地域は公園が好きなのか・・・?長い冬を乗り越えたからか・・・?とか。

この在宅勤務中にオンライン英会話をやってるんですが、フィリピンの先生はほとんど家から出られないそうです。フィリピンを見るとまだまだ移動量が少ないけど結構近所の住宅地は移動できてるんだな。とか空想して楽しんでます。



根比べ

猫が常にごはんを求めてくるのです。あげ過ぎはよくないので、しつこいごはんの要求をスルーしていると私と目を合わせてこようとします。どうやら目が合うとごはんもらえると思っているようです。それでも目を合わさずに本など読みながらスルーしていたら、1時間ほど経過しても同じ場所に同じ姿勢で私と目があうのを待っています。人間と猫の根比べです。最終的にいつも負けます。