交際費

0328

将来、独居老人待った無しなので、老後の資金作りのためにいろんな本を読んで実践していますがほとんどの本に書いている給料の使い道の交際費の設定が少なすぎるので愕然としています・・・。月5〜6000円って飲み会1回で終わりじゃん・・・。

私が多すぎるのかしら・・・。いまは猫がいるので外食は月2回くらいなのですが、それでも2次会いったりして月に2万はいくのです。これから2次会断ろうかな・・・。

 



セルフィー前区議

0327

週末にBBQに行ってきました。

参加者に都内某区の前区議がいまして、BBQの準備や調理が終わったころに全身真っ白な服で現われて前区議だと自己紹介してました。ちなみに主催者ではありません。

 

「こいつの服装・・・手伝う気一切無ぇな」とみんなが感じるさなか、参加者が写りこむように何度も自撮りをしてました。
片付けの際も手伝わずに、人の持ってきた敷物に仰向けに寝そべりながら自撮りしていました。

何しに来たんだろう・・・。



マンハッタナーズ

0324

最近、マンハッタナーズという猫をモチーフにした雑貨があることを知りましてそのシリーズの中にぶり様そっくりの猫がいるのです。

これです

ぶり様近影↓

0324b 

マンハッタナーズのデザイナーさんの愛猫フェデリコちゃんがモデルだそうでフェデリコちゃんのなくなった年が2010年。ぶり様は2011年生まれ。一方的に運命を感じています。

フェデリコシリーズほしいなあと思うのですが壊れたりなくしたりしたら、動揺しそうなので見るだけにしておきます・・・。



アンニュイ低気圧

0323

三連休明けの低気圧はしんどくて、絵日記を描く心の余裕が持てなかったです。

最近「やる気が出なかったり、だるいのは低気圧のせい」という考え方もあるのを知りました。自分がだらしなく見えて余計に落ち込んだりしてましたが、この考えを知ってラクに構えられるようになりました。

実際にスケジュール帳にひとこと日記を書いているので見直してみたら「だるい」や「しんどい」など書いてるときは低気圧になってることが多かったです。

うつぬけという鬱を克服された方の漫画があるのですがその紹介で頭痛ーるという気圧予報がわかるアプリを知りまして、それで過去の気圧を確認できました。次の低気圧予報もわかるのでかなり便利なアプリですよ。

 



ルミガンAct2

0321

前にまつげを伸ばす薬としてルミガンを紹介したことがありましたが、このルミガンに難点がありまして、

1.ルミガンの容器ではまつげに塗りにくい
2.頻繁に塗るとまぶた周辺が黒ずむので、毎日は塗れないがそうすると抜けも早くなる。

でした。

1.を解決するために歯間ブラシにルミガンをつけて塗るようにしました。
2.はしばらく解決法がなかったのですがTVで女子高生のポーチを拝見する番組で女子高生はまつげを抜けにくくするために馬油をまつげに塗ってるというのにヒントを得まして、馬油は目に入ったら心配だし高いのでルミガンを塗らない日はワセリンを塗ってたら抜けにくくなりました。

ルミガンつかっている方はぜひお試しください!

 



ウェーイ系との遭遇 その2

0316

昨日の続き。

隣の若者のグループに「僕学生で社会人の方と飲むの初めてなんです。社会人の呑み方ってすごいですね!」と男子学生が加わりまして、

その男子学生にとあるウェーイ系が

「いいか?社会人にとって一番大切なことを教えてやろっか!還暦なってもこのノリでいること!」と大声で叫んでいて中年達はさらにドン引いていました。

そのノリやったことないからおばちゃんわかんない・・・。

こんなことばかりじゃなくて、にいがた酒の陣は素敵なこともあったのでそのうちレポしていきますね。



ウェーイ系との遭遇 その1

0315

にいがた酒の陣では立って飲むテーブルがあるのですが、そこの隣の若者のグループが一気飲みしたり酔ってテーブルに倒れ掛かったりかなり陽気になっていました。

初対面のグループ同士の集団のようで、「うちらいつもこのノリで飲んでるから!酒酌み交わしたら初めてのやつらもみんなブラザーだから!」とのことでした。

中年はどん引いていましたが、これが世代の差なのかな・・・。とにかくいい酒ばかりなのにもったいない飲み方だったなぁ。



ルマンドアイス完結編

0314

週末ににいがた酒の陣に行ってきたので、ついにルマンドアイスに出会えました!ルマンドとアイスの相性がこんなに良いとは・・・!いつでも食べられる新潟の人がうらやましいです。

買うときにお店の人に「食べましたか?おいしかったですか?」と興奮気味にきいたら「普通です。ルマンドの味がするなって感じです。」冷静な答えをもらいました。



最近イチオシのぞっとした話

0313

会社の人と飲んでて聞いた話で、その人の知り合いに「クレームを入れるのが趣味」と公言している人がいて、例えばコンビニのサンドイッチの包装をうまく破くことが出来なかったらそのサンドイッチ現物に苦情の手紙を添えてお客様相談室に送り、お詫びの品が届いたりするのが楽しみなんだそうです。
過去にクレームのお詫びで現金をもらえたことがあって、それから味をしめてしまったみたいです。

私にとってはサイコパスと同じくらいまったく理解できない精神構造なので「友達には絶対になれないし、そういう人が親兄弟・親類とか兄弟の配偶者だったらいやだなあ・・・。」と思いました。

ちなみに会社の人は、その事実を知ってその人からそっとフェードアウトしたそうです。