褒められたときの返し方の変遷

人から「きれいですね」「かわいいですね」と外見を褒められたときの私の受け答えに変遷がありまして、
(※私は親からも「ブス」と言われつづけて育ってるので自分がブスなのは自覚しているのが前提です。)

20代の時は恥ずかしさのあまり「そんなことないです!」と真っ赤になって全否定でした。
30代の時は「ありがとうございます(棒読み)」心の中では「社交辞令のお世辞しんどいな・・・」
そして40代のいまは「ありがとうございます。あなたもかわいい(きれい)ですよ。」と返すようにしてます。
嫌味で言われている場合、意趣返しになりますし、好意で言われている場合も「人前で外見褒められるのって恥ずかしいやろ?」と言わずもがな諭すことができて便利です。