月別アーカイブ: 2017年10月

くびれ

 

週末は友達とスーパー銭湯に行きました。いつも行くところは寂れているのですが、今回のところは漫画読み放題コーナーや入り放題の岩盤浴があるのでめっちゃ混んでいるところでした。

で、ふとまわりを見渡して思ったんですが年配の方で歳相応に太っててもウエストにくびれがある人ってスタイルがよく見える・・・。

私は見えている顔とか手の先足の先は痩せて見えるけどお腹は樽のようなので、これからは体重とかよりもくびれつくりに精を出そうと思いました。



横暴

はまちさんのためにストーブを出してあげて、ストーブの前に座布団も用意してはまちさんのくつろぎスペースにしたところ、ぶりさんがその場所を横取りしようとします。

あなたべつに寒がってなかったやん・・・。



ヨード製品

洗濯機周りがカビ臭いので、掃除したり選択層を消毒したりしてましたがすぐに臭くなってなかなか解決しませんでした。洗濯機が大分古いし買い替えたほうがいいのかな。と思いましたが今年は冷蔵庫テレビ買い換えてお金使いすぎちゃってるから簡単に買い替えもできません。

そうしたら昔エスエスティっていうヨードの袋を洗濯機に入れてたらカビを抑えて臭くなくなったのを思い出しました。

でも10年前は1社しか洗濯機に入れるヨードを作ってなくて定価3800円で3ヶ月しか持たなかったしな~高いんだよねえ~。とAmazonさんで検索したらなんと最安400円以下で売ってました!取り扱い企業も増えてる!

使ってみましたが遜色ない効果!しかもトイレ用靴箱や箪笥に入れられるものまである!この10年の各企業の努力の末のラインナップ!ありがたいです!



サボタージュ

自社の製品と競合する製品の会社の雑誌広告を、調べて分析するというお仕事がありましてずっと雑誌をぱらぱらめくってたのですが、サボってると思われてないか心配でした。

200冊くらいは読んだのですが女性誌って化粧・洋服・結婚・ダイエット・猫・旅行(台湾、京都、鎌倉、ハワイ)・ジャニーズ特集を各社で話し合ってローテーションしてるんじゃないかと思いました・・・。最近は下町やアニメもこのローテーションに入ってきてるようです。



体感温度2

 

昨日の続き

布団はまだ夏布団で、はまちさんも布団の中に入って来て一緒に寝ていましたら明け方に布団を奪われるという事案が発生しました。

寒いアピールの一環なのかなとおもって、冬布団を出すことにしました。

なんか、ごめん。はまちさん。



体感温度

10月なのに12月の気温が続きましたが、家の中では半そで半パンの私。布団もまだタオルケット。

隙間風ないし家の中はあったかーいと思ってたら、はまちさんは寒かったようで無言のプレッシャーをかけてきたのでストーブを出しました。

なんか、ごめんね。はまちさん。



残念な社長の共通点

残念な社長の共通点としては、やる気ない人や何もやらないのに主張だけうるさい人にはひるんじゃったり面倒くさがって仕事を振らないんですよね。辞めさせるのも面倒くさがって放置しちゃっている。

で、結局現在残っている大半はそういう人たちなので新しく人員補充しても環境悪くてすぐ辞められてしまうという現実のようです。

という話をまだ会社に残っているきちんと働くために仕事山盛りな人たちから聞いたのですが、その人らも現在転職を検討してるって言うね・・・。



残念な文系社長

アパレルの会社の時にはECショップ担当で入ったのですが、入ってすぐに総務課のシステム担当が辞めてしまったときに「あなたパソコンできるからシステムもさくさくっとできるでしょ?」と言ってくる文系社長がいました。

本人はスマホどころかガラケーも使いこなせないたたき上げの社長で、パソコンの操作してる=パソコン系の仕事は何でもできると思い込んでました。

そうやって人員補充せずにパソコンが使える人に仕事を集中させて、挙句の果てに辞められるという悪循環の会社でした。

この経験から私は転職で面接のときに、人事について詳細を聞くようにしています。

 



残念な理系社長

転職を何度か経験しているので、今思えば社長って立派な人ももちろん多いけど残念な人もいたなという私の経験談を書きたいと思います。

本人も開発をやってるの理系のIT会社の社長で「開発以外の仕事を侮りがち」な人がいました。開発職が辞めたらすぐ人員補充するけど事務や広報などの文系の仕事の人が辞めても「誰でもできる仕事」と補充せず残った人に任せがち。文系の人はどんどん仕事が増えるけどぜんぜん給料が上がらない。

そのせいか文系だけ次々と辞めちゃって、私が辞めるときにはカスタマーサポート・クレーム担当・総務事務・営業事務・Web、メルマガ担当・広報・人事などを兼務していました・・・。

この絵はさらに上の仕事に加えてSEO担当とプロダクトマネージャも任命されたときのものです。